読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タワレコ店内でインタビューされた話

街頭インタビュー、受けたことある?

突然な話題だが街頭インタビューを受けたことがある、という人はどれくらいいるだろうか。本格的なテレビカメラにディレクター風の若者から質問されるパターンや、保険のお姉さんや宗教のおばちゃんのように「ちょっとお話よろしいでしょうか?」と声を掛けられ聞きたくもない話を乗っかってしまった以上聞くしかない、と延々と聞かされてしまうパターンもある。

田舎から都会に観光に来た若い子とか変な宗教とか寄付金の誘いによく引っかかってる印象はある。

 

まぁ大抵の人は声を掛けてくる人を避けて通ったり、睨みつけたり手で追い払ったりするだろう。

 

自分の場合、それに引っかかってしまった。タワーレコード店内で。

 

 

お兄さん音楽詳しいですか?

11月15日、研究室から帰宅中の私はタワーレコード梅田マルビル店に立ち寄った。お目当はNulbarichとOGRE YOU ASSHOLE、そしてポルカドットスティングレイの新譜だ。

残念ながらポルカは予想以上の人気っぷりで完売してしまっており、途方に暮れて何か掘り出し物はないかと店内をうろついていると大きなギターケースを持った男女に急に話しかけられた。(のちにこれはベースだとわかる)

 

店内で店員以外に話しかけられたことで脳内はパニック状態になり、Nulbarichの中の人か?などと淡い期待を抱いて2人に答えると、音楽の専門大学生で、どうやらクリスマスに開催されるイベントでのゴスペルの宣伝をしているらしい。

 

 

音楽に詳しいか?と聞かれると専門の仕事をしているわけではないので音の聞き分けが完璧にできたり、某地下室の管理人のようにどこのスタジオで収録された音かわかるなんて特技はないが、中学から数多くのCDを聞いてきて広いジャンルを知っている自信はあったので、彼らの質問に乗ってみることにした。

 

普段はどんな曲を聴かれるんですか?

うん、まぁCDショップで聞く常套の質問だ。マキシマム ザ ホルモンやヒステリックパニックのようなラウドロック、Perfumeのようなテクノポップ、te'のようなインスト、相対性理論のようなポップなバンド、kidori kidoriのようなインディーズバンド、挙げればキリがないのでもう少し端折って説明すると彼らも音楽に精通した身であるので、ある程度知ったような反応を見せてくれた。

 

しかしその後彼らがゴスペル歌手だと聞くと話は一転だ。

ゴスペルはさすがに聞いたことがない。自分が好きなのはあくまでもバンドなのだから。ゴスペルと聞いて思い浮かぶのはゴスペラーズや、天使にラブソングを、くらいの頭の容量しかなかったので彼らのゴスペルについての説明をまとめるとこうだ。

 

  • 聖書や福音に関する内容が歌われる
  • 白人系黒人系など様々な音楽性の違いが見られる
  • アカペラではなく楽器も演奏する
  • 歌詞に魅力が感じられる

 

なるほど、いいじゃないか。聖書や福音という部分が少し堅苦しい印象もあるがキリスト教発祥宗教音楽と聞くと許容できる。

 

【歌詞・直訳】Hail Holy Queen/『天使にラブ・ソングを』より【映画】 - YouTube

 

 

israelというゴスペル歌手がいるらしい

逆に彼らにオススメのゴスペル歌手はいるのかと尋ねてみると、すぐにisraelと答えが返ってきた。

 

Israel Houghton (hou-tinと発音)はゴスペル、ジャズ、そしてロックの要素を組み込んだクリスチャンミュージックスタイルで知られており、2度のグラミー賞を受賞。南アフリカケープタウンでのLiveを収録した、"Best Traditional Gospel Album"でグラミー賞を受賞。

 

なんとも、白人と黒人のハーフらしく、2つの音楽性を組み合わせた歌を歌うらしい。New Breedというゴスペルグループと共に活動しているそうだ。

 

試しにYoutubeで検索してみると

 

Israel & New Breed - Alpha & Omega - YouTube

 

We worship you our lord

You are worthry to be praised 

 

We give you all the glory

We worship you our lord

You are worthry to be praised

 

主を崇拝し、栄光を与える。あなたには崇拝される価値がある。

ガバガバ翻訳だがこんな感じだろう。確かに聖書っぽい。

 

まとめると

黒人由来の音楽でありオフビートであったり即興性があったりと非常にノリの良い音楽であり、歌詞の解釈には聖書などの知識が必要になるが歌われる内容は非常に尊く、歌詞を聴き込むと更に深みが生じる。ということだ。

 

最後に

そんな彼らのクリスマス公演が12/25に梅田スカイビル

  • 14:30〜15:15
  • 16:00〜16:45

に行われるらしい。同時開催でドイツ大使館主催でマーケットが開かれ本場のソーセージやビール、そして最大級のクリスマスツリーが見られるそうだ。

研究が忙しくなく、彼女という存在さえいれば是非行きたいところだが生憎私には難しいので皆さんで楽しんできて欲しい。